The moment

写真で食っていくためのノウハウ、風景写真のテクニックなど紹介します。

今さらモノクロ暗室を作った訳 PHaT PHOTO文化祭 #PPS文化祭

「PHaT PHOTO」写真教室 文化祭のライトニングトーク参加しました。ライトニングトークとは、5分間でプレゼンテーションを次々と行う発表機会で、作品制作に関することやレンズについて、受賞して変わった内外のことなど写真にまつわる様々な意見交換の機会でした。ぼくは、(今さら)暗室をつくった理由を発表しました。(運営・司会の平井義浩さんのブログ記事もあるよ

f:id:blue_moment:20180528164207j:plain
満員の会場 / 運営・司会の平井 義浩さん(撮影:PHaT PHOTO文化祭 実行委員)

続きを読む

ジュエリー作家 八田春海さんの展示が馬喰町で開催中!

フランスで活躍中のジュエリー作家 八田 春海さんが、今日から3日間、馬喰町で作品展示をされています。八田さんは 昨年のフランス展示 にお越しくださったので、今回お互いの遠征先で立場が入れ替わっての再会。海外展示は大変な部分多いけど、そこで生まれたつながりがこうしてリアルで太くなっていくことを感じます!

f:id:blue_moment:20180524212306j:plain

続きを読む

久保 誠 写真展「海中肖像写真」@エプサイト新宿

久保誠氏とお会いしてもう9年になります。当時からスキンダイビング(水中機材を使わない素潜り)による写真作品を継続され、今回はタイトルの通り海中の肖像写真をテーマにしたものです。エプサイトは各人物と向き合う空間になりますが、それぞれと対峙しているとそこで自分が呼吸をしていることに不思議と罪悪感を感じるなど、当たり前を再認識する重厚な空間でした。

f:id:blue_moment:20180523100555j:plain

続きを読む

ワンコイン(500円)モノクロ暗室体験WS@世田谷【期間限定】

制作アトリエを整理してモノクロ暗室を作りました。ひとりで使うには持て余してしまうのでツイッターで先行レンタル告知したところ早速ご利用頂いております。暗室DIYは徐々に改良を続け、継続的にレンタル暗室化できればと思っていますが、貸し出す前に人によってどんな使い方をするのか見てみたい(暗室の使われ方経験を積みたい)ので、並行してモノクロ暗室体験WSを開催いたします。2018年5月末まで、トライアル料金としてワンコイン(500円)にて開催!(暗室設備は前記事をごらんください。

f:id:blue_moment:20180514145348j:plain

続きを読む

しずくとわたげの素敵な世界 マクロレンズで挑戦・レンタル有

PHaT PHOTO写真教室にて開催のマクロレンズの撮影・創作講座、募集中です! キヤノン・ニコンマウントに限りタムロンマクロレンズをレンタルできるので、マクロ撮影に興味のある方、マクロセットアップに興味のある方、タムロンマクロレンズを使ってみたい方のお申込みお待ちしております!

f:id:blue_moment:20180514113009j:plain

続きを読む

モノクロ暗室つくりました@世田谷

富士フイルムがモノクロフィルム アクロス100の生産中止を発表したばかりのタイミング+今更ながら、モノクロ暗室を作りました。持て余していた制作アトリエを整理して先日、写真教室をはじめましたが、加えてモノクロ暗室もお見せできるようになりました。(小規模プリントとして十分使える空間になったので、レンタル暗室化したりモノクロ暗室プリントのワークショップをはじめるかも知れません。)

f:id:blue_moment:20180509124700j:plain
モノクロ暗室@世田谷

続きを読む

岩城文雄 写真展「△」@エプサイト新宿

奥さんを撮影していくシリーズで連想したのが、妻を撮ること(中村 泰介・2009年)もう、家に帰ろう(藤代 冥砂・2004年)でした。これらは柔らかなビジュアルの連続から想起される永遠性を感じましたが、それぞれ出版されてから月日が経ち、デジタルカメラとネットで業界や生活が大きく変わっていきました。今となってはそろそろパターンの1つとしてカテゴライズなのかもしれません。でも、岩城 文雄写真展「△」はそんな固定概念を一転した写真展、展示は4月26日(水)14:00で終了になってしまうのですが、ほんとに微力ながらも拡散したい内容です。

f:id:blue_moment:20180426081602j:plain
岩城 文雄写真展「△」@エプサイト新宿

続きを読む