読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

The moment

写真で食っていくためのノウハウ、風景写真のテクニックなど紹介します。

ND1000 NDフィルター 雲海のような表現!【スローシャッター2】

夜間にスローシャッターを使った写真は何となく想像がつきます。夜は暗いので勝手にスローシャッターになるため、工場夜景なら動きのある煙は長時間露光の表現になります。もしNDフィルターそれもND1000のような高濃度のNDフィルターをお持ちでしたら、ぜひ昼間の海辺で雲海のような写真を撮ってみてください。

f:id:blue_moment:20160405164356j:plain

ND1000で雲海のような海原に


昼間のスローシャッターは海が鮮やか

夜間の海辺で撮影する場合、ISO感度をあげて速めのシャッタースピードにしても、スローシャッターでも黒い海として写ります。そもそも光がない状況なので海は真っ暗になります。

f:id:blue_moment:20160405170336j:plain

夜は真っ暗な海 小浜島 はいむるぶしにて
(余談:南十字星が3つ写っています)


昼間は色合いがそのまま写る

昼間の海はだいたい見た通りの色合い、青い海ならその色合いを残したままスローシャッターの表現で撮影できます。波打ち際や岩礁のあるところでは、波立った部分に白色が加わります。

f:id:blue_moment:20160405170536j:plain

↓ ↓ ↓

f:id:blue_moment:20160405170602j:plain

昼間のND1000で、海の色が残る+波立って白色になる


常に波が来る浅瀬は真っ白になる

海と言ってもカメラを向ける先は様々あります。先に波立っているところは白くなる例を挙げましたが、常に波が来るようなところは真っ白になります。


f:id:blue_moment:20160405172547j:plain

↓ ↓ ↓

f:id:blue_moment:20160405172604j:plain

ND1000を使って岩の部分以外、真っ白になる


ND1000でちょっとかわった風景を撮る!

先の投稿では新宿・渋谷の通行人をあたかも消すかのような作例を挙げましたが、海辺でも肉眼では見られない(雲海っぽい?)ちょっと変わった風景を撮ることができます。フィルター1枚程度なら荷物の負担にはならないので、撮影のお供に持ち歩いてみてはいかがでしょうか!

muto.photowork.jp



【募集中】大洗海岸・桜・スローシャッターテーマの撮影ツアー

大洗海岸に行きます。(NDフィルター持ってきてください!)大洗神社の海中鳥居が有名ですが、この周辺は砂浜の所々に大きな岩があるのでスローシャッター撮影をするとそれらをアクセントにすることが出来ます。また、この時期は北関東の桜が見頃ですので、併せて周辺の桜を巡ろうと思っています。

宿泊ホテルは大洗神社鳥居の徒歩圏内(3分くらい)で、この鳥居からさらに100~200mくらい歩けば夜間真っ暗なので星の撮影も可能です。

f:id:blue_moment:20160321090846j:plain

↓ ↓ ↓

f:id:blue_moment:20160321090911j:plain

ND1000を使って露光時間30秒
昼光によるスローシャッターで透明感のある青色になります


f:id:blue_moment:20160321091105j:plain

漁船が水平線上を航行しています