読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

The moment

写真で食っていくためのノウハウ、風景写真のテクニックなど紹介します。

【星空】ホタル・さそり座・天の川 はいぶるむし(小浜島)で撮りました!

八重山諸島小浜島のリゾートホテルはいぶるむし南十字星を撮りに行きました。南十字星は北緯26度より南で見えます。(小浜島北緯24度)勝手なもので、初日からあっさり拝めてしまうとありがたさはどこかに行ってしまい、、2日目の夜はホタル・さそり座・天の川を1枚に映し込み楽しんでいました!

f:id:blue_moment:20150519130826j:plain
EOS 5D MarkⅢ + SAMYANG 14mm F2.8

ホタル・さそり座・天の川を撮る

はいぶるむし敷地内、星空観測ポイントはいくつかあって、主にサンセット広場ゆうな浜あだん浜です。本館そばでも見えますが、少し離れるだけで暗くなるので、数倍見えるようになります。

特に今回は月のない夜を選んだので、数十メートル程度歩くだけで見え具合が変わっていくのが分かりました。

f:id:blue_moment:20150519132227j:plain


バルコニーからでも天の川が見える

ちなみに部屋のバルコニーからも十分に見えるのです。。すごいね。。。

(天の川は画面中央のもやもやです)

f:id:blue_moment:20150519133010j:plain


サンセット広場にホタルがいる

最初の写真はサンセット広場で撮ったのですが、広場に入る前から小さなみどりの光が見えていたので、ホタルがいるなあというのが分かりました。

そこでホタルを撮っていたら、(画面右上のあたり)あれ!?星も写るの??と気付きいたのです。

f:id:blue_moment:20150519133540j:plain

↓ 天の川さそり座を意識して

f:id:blue_moment:20150519130826j:plain


ホタルの幼虫

光り方からヒメボタルではなく、ゲンジボタルにしては時期が早い。でも、南国はこの時期なのかなと思っていましたが、よくよく光に近づくとホタルの幼虫とわかります。幼虫なので飛び回ることはありません。

ホタルの幼虫は大小さまざまいましたがで、今まで見たことないような大きな個体がいました。(本州の3倍どころではなかったです。)


(体感的)星撮影しやすい季節に

f:id:blue_moment:20150519183511j:plain

冬は星空が一段とキレイですが屋外でじっとしているために、寒さとの折り合いをどこでつけるかでもあります。それを考えるとずいぶん楽な季節になりました。

冒頭に “ホタル・さそり座・天の川を1枚にして楽しんでいました。” と書きましたが、撮りはじめたのは20:30、帰ったのは日付変わって0:30でしたので、楽しんでいたというか意地になっていたという部分が少なからずあります。。


SAMYANG(サムヤン)14mm F2.8

今回つかった機材は EOS 5D markⅢ + SAMYANG(サムヤン)14mm F2.8 です。サムヤン 14mm F2.8 は逆光に弱い(たぶん、コーティングが原因)ですが、星の撮影には問題なく使えるレンズです。

旅行先でなくしてもあきらめが付く値段なので、持ち出す機会が多いレンズです。(値段は EF14mm F2.8 L II USM の1/8ほど)

photowork.jp

f:id:blue_moment:20150519191957j:plain

関連記事

飛行機の中から天の川を撮りました!muto.photowork.jp