読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

The moment

写真で食っていくためのノウハウ、風景写真のテクニックなど紹介します。

“写真で食うために”シリーズ 例えば1万円稼ぐには -商品撮影の基礎-

写真で食う

商業カメラマンになるには様々な方法・学び方があり一概にこうすればOKというものはないようです。そのため写真で食うためにシリーズは写真家・カメラマンをゲストにお迎えし現在に至るまでをお話いただきましたが、今回はタイトルにあるように1万円稼ぐためをテーマに基礎的な撮影術、カメラマンとして一歩となる内容をに紹介いたします。

f:id:blue_moment:20150604183547j:plain

私は写真学校を出たわけでなければ、師匠がいる訳でもありません。それでも独学で商業撮影を学び生業にすることができました。そこで培った商業撮影のベースになるノウハウをお伝えいたします。


例えば1万円稼ぐには 商品撮影の基礎

商品撮影と言っても一概にこうすればOKというものはありません。基礎的な考え方と手段をベースに、実際あった撮影例を紹介していきます。

例えば、この登山靴を撮影するならどうしますか?

  • 置き方は?
  • 片方だけ?
  • 箱は?
  • どんな仕上がりに?
  • アングルは?
  • 機材は?
  • 他に用意するものは?
  • そもそも何に使う?

f:id:blue_moment:20150604184027j:plain


影技術よりどんな提案ができるか

写真業界に転身して商業撮影を経験して分かったのですが、撮影技術よりどんな提案ができるかのほうがずっと大事なようです。そもそも提案するためには経験や技術がベースになっていますが。

例えば撮影料が1万円の時こんな撮影ができますが、2万円出してもらえたらここまで出来ますと伝え、後者で決まればお互いのメリットになるのではないでしょうか。


開催日時

2015年6月6日(土)9:00~11:30

開催場所

T.I.P クラスルーム2&スタジオ
東京都中央区 京橋 3-6-6 エクスアートビル1F

詳細・お申し込みは PHaT PHOTO写真教室 朝活写真部まで

すでに満員の可能性がありますが、ご興味ありましたらご確認よろしくお願いいたします。www.ppschool.jp


低予算の場合、Eye-fi Mobiが便利

テザー撮影の要望で予算が少ない場合、Eye-fi Mobiを使っています。室内・屋外関わらず気軽に(値段の割にスピーディーに)扱えます。

(1万円の撮影するのに高価な機材を使っていては、いつまでたっても償却できません。)

そのほか、実際に使っている機材・用品の紹介もいたします。


プロ養成講座

時間をかけてしっかり学びたいという場合、プロ養成講座をおすすめします。
月に2回程度、半年かけて、商業撮影のノウハウを吸収できます。

www.ppschool.jp


追記:すでに告知していました!

しばらく忙しかったこともありすっかり忘れていましたが、4月すでに告知していました。。muto.photowork.jp