読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

The moment

写真で食っていくためのノウハウ、風景写真のテクニックなど紹介します。

【撮影用品紹介vol.7】SAMYANG(サムヤン)14mm F2.8 買い時は?

カメラ・撮影用品

SAMYANG(サムヤン)14mm F2.8 が値上がりしているようです。1年くらい前に30,000円で買った覚えがあるのですが、ふと見たら39,800円になっています。それでも超広角14mm F2.8というスペックで純正レンズなら20万円以上するため圧倒的な安さです。今まで安すぎたのかも知れません。

f:id:blue_moment:20150723163634j:plain


SAMYANG(サムヤン)14mm F2.8の安い理由(デメリット)

仕組み・使い方が分かっていれば大したデメリットではありません。

  • オートフォーカスに対応していない
  • 絞り値のExif情報が反映されない
  • 実絞り測光・実絞りピント合わせ
  • コーティングが安っぽい(たぶんモノコート)
  • 開放の周辺光量落ちが目立つ
  • 歪曲収差が大きい


SAMYANG(サムヤン)14mm F2.8のメリット

良いとか悪いとか無視できるくらい断トツに安いので文句言えません。
星景を撮るなら超広角14mmと明るいF2.8の恩恵がすぐに分かります。

  • デメリットなどどうでも良くなる安さ!
  • 小型でかさばらない
  • 高すぎるくらいのシャープネス

f:id:blue_moment:20150722223226j:plain

開放F2.8で撮った天の川(サハラ砂漠にて) サムヤン 14mm F2.8


スナップでも活躍

単調になりがちなストリートスナップで超広角レンズ使うと誇張・静的・動的なコントロールができます。

f:id:blue_moment:20150723093713j:plain

f:id:blue_moment:20150722225525j:plain

f:id:blue_moment:20150722225558j:plain

f:id:blue_moment:20150722225614j:plain

f:id:blue_moment:20150722225631j:plain

f:id:blue_moment:20150722225643j:plain



サムヤン 14mm F2.8は万能レンズ!?

特に紛失の可能性が高くなる海外で20万円を越える純正レンズを持っていく気になりません。その面で特に、サムヤン 14mm F2.8は積極的に使うことができます。

星景撮影に加えて、ストリートスナップでも活躍するレンズです。

f:id:blue_moment:20150722231825j:plain

開放で周辺光量落ちさせてもカッコイイ!


使いたい時が買い時!

円高になってもなかなか安くならず、値上げはあっという間という印象があります。
5つ星のうち 4.3点(レビュー20件)と値段の割に高評価なレンズです。

使いたいときが買い時。(値上がり前に?)試してみてはいかがでしょうか。

www.amazon.co.jp