The moment

写真で食っていくためのノウハウ、風景写真のテクニックなど紹介します。

The SandBox メタバース企画 #MataAsakusa 2021年~

2021年10月、フェイスブックが社名をメタ(Meta)に変更しメタバースという仮想空間の構築に力を入れていくと発表し話題になりました。規模は異なりますが、私も着手しているThe SandBox上のメタバースプロジェクト #MataAsakusa を紹介します。

※ メタバース(metaverse):コンピューター・ネットワークのなかに構築された仮想空間。「超(meta)」と「宇宙(universe)」を組み合わせた造語。

f:id:blue_moment:20220102210027j:plain
The SandBox メタバース企画 #MataAsakusa


The SandBox メタバース企画 #MataAsakusa

流行語大賞にノミネートされたNFT(Non-Fungible Token)と関連するメタバース。私は機会に応じてclusterでミーティングを行ったりしてる程度のテクニカル面など分からない一般ユーザーでしたが、ノンコードで構築できる The SandBoxのワールド制作に12月上旬に着手。多くのご協力の元、何割かお見せできる状態になってきました。

協力コア・クリエーター

f:id:blue_moment:20220102222846j:plain


【1】#MataAsakusa ビジュアル

  • どのくらいの広さなの?
  • どんな作りなの?

TheSand Boxの1LAND(土地の最小単位)は思いのほか広いです。

👇👇👇 ムービーをご覧ください!




【2】#MataAsakusa おみくじ機能

メタバースに実装したい機能は何点かあり、そのうち1つはおみくじ。ジェネラティブおみくじと名乗っていますが、簡単に説明すると数種類の絵柄・内容の掛け算による組み合わせ、自動生成の絵柄です。

※ ジェネラティブを専門的に説明すると、アルゴリズムや数学的/機械的/無作為的自律過程によってアルゴリズム的に生成・合成・構築される芸術作品とされています。

ジェネラティブNFTジェネレーター(作成:aakizukii さん)を使わせて頂いています。

f:id:blue_moment:20220102223147j:plain
Generative OMIKUJI Gen.1

>> 販売 OpenseaGenerative OMIKUJI Gen.1


第二弾 GGガリクソンさんコラボ

ジェネラティブおみくじ 第二弾はGGガリクソンさんとコラボです。
お正月期間は購入者特典を用意しています。
こちらの記事をどうぞ!

muto.photowork.jp


週刊東洋経済(2022.01.13)に掲載!

冒頭のわずかですが、週刊東洋経済のメタバース特集 熱狂メタバースに突き進む「あの企業」の皮算用 に掲載して頂きました!

雷門から仲見世通りを抜けると、浅草寺の本堂が見えてくる。脇にそびえる五重塔を上れば、眼下の景色を見下ろすこともできる――。

仮想空間上で独自の世界を作ったり、散策したりできるアメリカ発のメタバースサービス「ザ・サンドボックス」。ここに「MetaAsakusa(メタアサクサ)」を構築中なのが、普段はカメラマンとして活動する武藤裕也さんだ。

コンピューターグラフィックス(CG)制作についてはまったくの素人。メタバースやブロックチェーン技術には以前から興味があり、仮想世界に浅草寺周辺の風景を再現するプロジェクトを発足しツイッターなどで呼びかけたところ、多くの個人クリエーターの協力を得ることができた。

「協力者の皆さんの熱量がものすごく、メタバースという新しい市場の可能性を感じる」(武藤さん)。メタアサクサには今後、お賽銭ができる機能や、NFT(Non-Fungible Token=非代替性トークン)を用いたアート作品の展示・販売を行える仕組みなども実装していきたい考えだ。

f:id:blue_moment:20220115013419j:plain
熱狂メタバースに突き進む「あの企業」の皮算用

>> 熱狂メタバースに突き進む「あの企業」の皮算用 | 週刊東洋経済(2022.01.13)


あわせて読みたい NFTが4日間で60倍に!? | 関口メンディー効果?NFTの波?狂想曲?

muto.photowork.jp