The moment

写真で食っていくためのノウハウ、風景写真のテクニックなど紹介します。

ワンコイン(500円)モノクロ暗室体験WS@世田谷【期間限定】

制作アトリエを整理してモノクロ暗室を作りました。ひとりで使うには持て余してしまうのでツイッターで先行レンタル告知したところ早速ご利用頂いております。暗室DIYは徐々に改良を続け、継続的にレンタル暗室化できればと思っていますが、貸し出す前に人によってどんな使い方をするのか見てみたい(暗室の使われ方経験を積みたい)ので、並行してモノクロ暗室体験WSを開催いたします。2018年5月末まで、トライアル料金としてワンコイン(500円)にて開催!(暗室設備は前記事をごらんください。

f:id:blue_moment:20180514145348j:plain

続きを読む

しずくとわたげの素敵な世界 マクロレンズで挑戦・レンタル有

PHaT PHOTO写真教室にて開催のマクロレンズの撮影・創作講座、募集中です! キヤノン・ニコンマウントに限りタムロンマクロレンズをレンタルできるので、マクロ撮影に興味のある方、マクロセットアップに興味のある方、タムロンマクロレンズを使ってみたい方のお申込みお待ちしております!

f:id:blue_moment:20180514113009j:plain

続きを読む

モノクロ暗室つくりました@世田谷

富士フイルムがモノクロフィルム アクロス100の生産中止を発表したばかりのタイミング+今更ながら、モノクロ暗室を作りました。持て余していた制作アトリエを整理して先日、写真教室をはじめましたが、加えてモノクロ暗室もお見せできるようになりました。(小規模プリントとして十分使える空間になったので、レンタル暗室化したりモノクロ暗室プリントのワークショップをはじめるかも知れません。)

f:id:blue_moment:20180509124700j:plain
モノクロ暗室@世田谷

続きを読む

岩城文雄 写真展「△」@エプサイト新宿

奥さんを撮影していくシリーズで連想したのが、妻を撮ること(中村 泰介・2009年)もう、家に帰ろう(藤代 冥砂・2004年)でした。これらは柔らかなビジュアルの連続から想起される永遠性を感じましたが、それぞれ出版されてから月日が経ち、デジタルカメラとネットで業界や生活が大きく変わっていきました。今となってはそろそろパターンの1つとしてカテゴライズなのかもしれません。でも、岩城 文雄写真展「△」はそんな固定概念を一転した写真展、展示は4月26日(水)14:00で終了になってしまうのですが、ほんとに微力ながらも拡散したい内容です。

f:id:blue_moment:20180426081602j:plain
岩城 文雄写真展「△」@エプサイト新宿

続きを読む

8月ペルセウス座流星群 モンゴル6日間【参加者募集中】

今年2018年 8月のペルセウス座流星群はゲル泊にてモンゴルに滞在・撮影します。風景写真女子部で現在6名(未確定あわせて8名)で行きますが、希望される方いらっしゃいましたらSNS経由かWEBページのcontact欄からお知らせください。出発前月くらいまで飛び込み参加はOKですが、8月はハイシーズンで航空チケットがすでに埋まりつつあります。(加えて急いだほうが安い。)興味ある方ご連絡ください!!

f:id:blue_moment:20180416210258j:plain
都市から200km離れたツーリストキャンプでペルセウス座流星群観測・撮影

続きを読む

池上諭・榎本祐典二人展「遠吠え」@Alt_Medium

密柑が赤く熟れる時分 で、第1回 epSITE Exhibition Awardを受賞されたばかりの、池上諭さんと榎本祐典さんの二人展「遠吠え」@Alt_Mediumに行ってきました。両者の写真は伝えるにもはっきり伝えきらない何とも言えない距離感があり、間合いや行間のようなものを強くを感じます。風景写真(ではないけど)を学ぼうとしている方には提言になり得る、落ち着き成熟した写真作品です。

f:id:blue_moment:20180415195629j:plain
池上諭 / 榎本祐典二人展「遠吠え」 Alt_Medium

続きを読む

はいむるぶし小浜島リゾートホテルから眺める星空・南十字星

南八重山諸島、島々の観光は色鮮やかで見るもの真新しいものばかりです。それはカメラが休まる時がないくらいですが一番驚いたのは、小浜島リゾートホテルのはいむるぶしバルコニーから見た天の川流れ星でした。住居スペースからこのような景色がが見えたのは初めてです。

f:id:blue_moment:20180413160916j:plain

はいむるぶしバルコニーから天の川・流れ星

続きを読む