読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

The moment

写真で食っていくためのノウハウ、風景写真のテクニックなど紹介します。

【締切間近】南米パタゴニア撮影ツアー 絶景の連続11日間

パタゴニア(Patagonia)南アメリカ大陸の南緯40度付近を流れるコロラド川以南の地域の総称でアルゼンチンとチリの両国に跨ります。世界遺産ペリトモレノ氷河・同じく世界遺産クエバ・デ・ラス・マノス(手の洞窟)、大理石の洞窟 マーブル・カテドラルなど絶景をめぐる11日間の撮影ツアーです!

f:id:blue_moment:20151213004249j:plain

世界遺産 ペリトモレノ氷河(アルゼンチン・アンデス山脈の南端部)


一般的なパタゴニアツアーとの違いは?

旅行ツアーにカメラを持って行ったけど、忙しく通り過ぎただけで撮影するタイミングがなかった!という経験があるかと思います。一般ツアーは観光することが目的ですが、スケジュールや渋滞状況によって、現地を通りすぎるくらいで忙しく次の予定地へ向かうということがあります。撮影ツアーの場合はその場所を撮ることを目的としているので、しっかりと現地の撮影時間を確保したスケジュールを設定しています。

今回のパタゴニア撮影ツアーは

船で大理石の洞窟を行くマーブル・カテドラル、氷河の崩れるところを撮りたい!と要望の多いペリトモレノ氷河は取り逃がしが無いように撮影チャンスは2回あり、これは撮影ツアーならではのスケジュールと言えます。そして、帰国後の作品講評会の開催や、撮影レポート進呈といったところが撮影ツアーの特徴です。

帰国後の作品講評会は、あ、こんなの撮っていたんだ!(また行きたい!)という発見のほかに、今度は◯◯に行こうよ!と盛り上がったり、同窓会のような雰囲気になるので面白い機会です。


南米パタゴニア撮影ツアー 見どころ

パタゴニアは国の一部ですが、その広さは日本の約3倍!アンデス山脈側・アルゼンチン側で気候・地形とも特徴があり、アルゼンチン側は広大なパンパ(平原)、チリ側はフィヨルドと山と湖が点在します。

大理石の青い洞窟 マーブルカテドラル

f:id:blue_moment:20151213011319j:plain

手の洞窟 クエバ・デ・ラス・マノス

f:id:blue_moment:20151213011923j:plain

パタゴニアを代表する山 名峰フィッツロイ

f:id:blue_moment:20151213012544j:plain

世界遺産 生きた氷河ペリノモレノ氷河

f:id:blue_moment:20151213012022j:plain


【締切間近】絶景の連続パタゴニア撮影紀行 11日間

お問い合わせの際は、コース番号をお伝えください。

  • コース番号:20008-945
  • ツアー名:写真撮影の旅 絶景の連続パタゴニア撮影紀行11日間

お申し込み・お問い合わせ >> 絶景の連続パタゴニア撮影紀行 11日間



移動中窓から眺める景色も撮影対象として魅力的なので、窓の映り込みを防ぐ忍者レフが活躍します!

忍者レフ

忍者レフ